FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当事者意識

最近、先のエントリーで書いたようなことを知り合いに話をすることがある。
そうすると、決まって返ってくる言葉が、「軍部が独走したんですよね」。

ひどく当事者意識のない言葉だと思う。
40歳代後半の者にとって自分たちの祖父母の世代が関与した先の大戦。

自分たちは蚊帳の外において、一部軍部を悪者にして、一般市民は悪いことはしていませんと言いたいようだ。

しかし、果たしてそうだろうか。日露戦争は、世論に後押しされて開戦した。
その証拠に、日露戦争終結に伴う賠償内容に不満を持った民衆が、満足のいく賠償を得られないのであればもう一度戦争をしろと日比谷焼き討ち事件という暴動を起こしている。

日中戦争が始まったのが1937年。日露戦争が終わったのが1905年。間に第一次世界大戦をはさみ、32年。

日中戦争開始までの期間に民衆が急に反戦的になったとみるより、日比谷焼き討ち事件の空気感が、第一次世界大戦でも勝者側の連合国の一員となった要素も加わり継続しているとみたほうがいい。

一人の独裁者によってコントロールされていたドイツと違って、個々の現場レベルの国民の意志が強固な日本というとても厄介な国の占領政策を考えたとき、天皇制を温存し、一部の国民を悪者に仕立てるのが得策とアメリカは考えたのだろう。

民衆を分断して統治するというのは為政者が考える常套手段である。

A級戦犯とされた人たちは、連合国にそのように言われるだけでなく、日本国民にもそのように呼ばわれてしまっているのだ。



今日8月6日は、広島に原爆が落とされた日。広島の原爆死没者慰霊碑には、「過ちは 繰返しませぬから」と書かれている。

1952年に広島を訪れた極東国際軍事裁判のパール判事は、碑文を見て、「原爆を落としたのは日本人ではない。落としたアメリカ人の手は、まだ清められていない」と述べた。

その後、この碑文の文章の主語は、「人類」であるという見解が出された。

その見解は、原爆の被害者でありながら、同じ人類としてもう過ちを繰り返さないと宣言する苛烈ともいえる当事者意識に基づくもの。

しかしながら、そのように解する理想主義は、軍部が独走したのだという全く当事者意識のない主張に至ることに強烈な違和感を覚える。

過ちは 繰返しませんといいながら、戦争は軍部がしたことですと言っているのだから。

IMG_4470.jpg
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。