FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切腹

私は、司馬遼太郎が「俄」で描いた堺事件での切腹シーンを初めて読んだとき戦慄した。それがあまりにも衝撃的な内容だったので、それから以降、切腹というものに興味を持っていた。今般、切腹に関して興味深い本を手にしたので、切腹について記したい。

1.司馬遼太郎著「俄」における切腹

今手元に「俄」がないので引用できないが、おおよそWikipediaと同じなのでWikipediaをベースに加筆修正して引用する。

攘夷論のいまだおさまらぬ慶応4年2月15日午後三時ごろ、フランス領事一行を迎えるべくフランス海軍が堺港に入り、湾内を測量、士官以下数十名の水兵が上陸、市内を徘徊した。夕刻、土佐藩軍艦府の命を受けた土佐藩士らが帰艦を諭示させたが言葉が通じず、藩兵は水兵を連行しようとした。水兵側は土佐の隊旗を倒伏、逃亡しようとしたため、土佐藩側は咄嗟に発砲し、フランス人11人を殺傷または、海に落として溺死させた。土佐藩側ではフランス人が迷惑不遜行為に及んだための処置であるとしたが、フランス側の抗議を受けて、藩主山内容堂は、藩士処罰の意向をフランス側に伝えた。
土佐藩は警備隊長以下全員を吟味し、隊士29名が発砲を認めた。隊長ら4名の指揮官は責任を取って切腹が決定。残る隊士16名を事件に関わった者として選ぶこととなり籤を引いて決めた。
2月23日堺の妙国寺で土佐藩士20人の切腹が行われた。切腹の場で藩士達は夷狄を罵る歌を歌いながら自らの腸を掴み出し、居並ぶフランス水兵に次々と投げつけるという行為を行った。その凄惨さに、立ち会っていたフランス軍艦長は、フランス人の被害者数と同じ11人が切腹したところで外国局判事五代才助に中止を要請し、結果として9人が助命された。

「俄」を読んだとき、自らの腸を掴み出し、居並ぶフランス水兵に次々と投げつけるというのは、作者の脚色だと思った。

そこで、小説ではなく、記録として堺事件が記されているものを確認しようと本を探して、「英国外交官の見た幕末維新」A・Bミッドフォード著(講談社学術文庫)をあたってみた。そうすると、同じことが書かれていた。脚色ではなかったのだ。


2.千葉徳爾著「切腹の話」における切腹

映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観に行こうと思ったとき、たまたま、「切腹の話」千葉徳爾著(講談社現代新書)という本を手にした。

この本を読んで更に驚いた。俄で脚色だと思った戦慄の場面は、それどころか切腹の形としては一般的であったのだ。

これから先は、生々しい話が含まれるので、大丈夫な方のみ、続きを読むをクリックいただきたい。

清明

1)本の概要
この本の説明には、「古代日本では穀物の豊穣を祈願し、生命の源泉である内臓を神に捧げる農耕儀礼が行われた。またハラには魂が宿ると信じられ、そのハラを切り開くことは、偽りのない赤心を示すことであった。本書は、日本にしかない切腹の起源と歴史を、古文書の探索、他民族との比較、武士道とのつながり、エロスとの関係などさまざまな角度から究明した。貞淑の明かしをたてるための女性の切腹など。見過ごされがちであった具体的例もとりあげながら、切腹を生んだ日本的条件を追究した本書は、「日本人とは何か」を考える上でも画期的な著作である。」とある。
確かに画期的な著作だった。

2)戦国時代の切腹の形
著者によると、切腹で自らの腸を掴み出すことは、戦国時代の切腹の形。そして掴み出しやすいように十文字に切った。後世の介錯という概念はなく、腹を切るだけではなかなか絶命せず、多くは内臓を出して切る、内臓の奥の大きな血管を切る、入水する、自ら心臓か咽頭部を突くなど補助的行為を必要とした。当時は、戦に負けた敗軍の将などが切腹を選ぶことが多く、最後にその豪胆さを誇示するとともに無念さを表した。

3)江戸時代の切腹の形
そして、時代が経過し江戸時代になると、武士としての責任のとり方を支配者階級が追認する形で切腹が刑罰化した。刑罰という意味合いになると、支配者階級にとっては豪胆さや無念さを示す切腹の形は都合の悪いこととなり排除されるようになり、扇子を腹に当てた瞬間に介錯人が首を落とす扇腹に代表されるように腹を切る行為は形式化した。

4)昭和における切腹
この本を読み進めると、興味深い話がたくさん載っている。
昭和47年にこの本は書かれたものだが、そこには、「現在でも新聞の地方版などには切腹及びその未遂はかなり散見できる。」とある。また、新聞記事を丹念にひらって、明治7年から昭和43年まで(戦時中を除く)に女性を含む208名の既遂未遂の切腹事例があったとある。

三島由紀夫が自決したのが昭和45年。現代に生きる者として、自決に至る彼の行動があまりにも衝撃的で、またいろんな形で氏の自決が取り上げられるため、当時の一般社会においても切腹というのは特異なものと勝手に理解していた。

しかしながら、そうではないようである。昭和45年当時、戦前戦中を生きた人々が壮年期の頃、戦後25年しか経過していなくて現代のような価値観に支配されていない時代、切腹は、現代の人間が考えるほどそう珍しいことではなく、三島の切腹もその中に位置づけられるのではないだろうか。

5)価値観の違い
また、武士の刑罰として最も重い刑は、両刀を取り上げて一生復権を認めず、庶民の身分に下げることで、第二の重刑が切腹であった。そして、両刀を取り上げることになったとき、あまりにも重刑だから刑を軽くして切腹させて欲しいと願い出たとある。
これも、現代の価値観からすれば、名誉と命の順番が逆である。

6)酒の肴としての切腹
そして、戦国時代の切腹の形として、「思いざし」というのがあったという。切腹を共にしようとするものが酒宴を開き、はじめに腹を切ろうとする者がまず盃を傾け、切腹した後に、その盃に切腹に用いた刀を添え、自分の次に切腹をしてもらおうという者に盃をさす。切腹して苦痛に堪えている姿そのものを酒の肴として提供した。とある。

今の価値観で考えたら、恐ろしすぎる。当時の欧米人の感覚は、今の私たちに近かったように思う。そのような感覚の人間が、こんな場面を実際に見たら衝撃以外の何ものでもないだろう。世界で日本といえば“ハラキリ”“サムライ”と未だに言われるが、それはあまりにも衝撃的だったからだろう。

7)エロティシズムからのアプローチ
加えて、この本のすごいところは、資料の収集範囲をSM雑誌までもとめ、エロティシズムからも切腹にアプローチしていることだ。

伝説のSM雑誌「奇譚クラブ」に発表された自分で浅い切腹を試みた女性の体験報告や切腹を実際に見た人の報告、読者通信に切腹通信の欄があることなども紹介するとともに、読者投稿からその居住地とその性癖(マゾヒストやサディスト、切腹マニア、浣腸マニア等)の人数を調査し分析している。あっぱれなアプローチと分析である。

私は、「性」と「生」と「精」は、相互に関連し影響を与え合うと同時に、一体なものだと感じている。「せい」の三位一体論とでも言うべきか(笑)しかしながら、本書を読んだとき、その考えは中らずと雖も遠からずではないかと思う。

3.最後に
思い返せば、20年ほど前、日本在住の外国人向けの日本語教室で学習をサポートするボランティアをしていたとき、切腹の作法を教えて欲しいと言われて、驚いていろいろ調べたのが、切腹との最初の接点だった。
今回、図らずも映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」をきっかけとして、本書と出会い、改めて日本文化の奥深さを実感した。
ユーラシア大陸の東の端に浮かぶ島、日本。
極東と呼ばれ、ある意味文化の伝播という意味では終着点の地。
大陸と同じような位置にあるマダガスカルに多くの固有種が残るように、
日本には武士道という固有種が残ったのではないだろうか。

龍神温泉古家043 のコピー
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか読み応えのある記事でした。私も少し勉強してみます。

梅安さんへ

コメントありがとうございます。あと2冊、切腹に関する本を見つけていますので、私ももう少し調べてみようと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

海外では、日本人は全員切腹の作法を知ってると思ってたりして。

Showsukeさんへ

どうでしょうね~日本は映画寅さんに描かれたような国だと思って憧れて来日した外国人がいてるみたいですからね~笑

鍵コメさんへ

そんな風に言ってもらって恐縮です。
振れ幅が大きい内容ですが、おつき合いいただけましたら幸いです。
男として身を引き締めるには、六尺ふんどしがいいですよ!笑
プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。