FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政体

地勢と歴史を俯瞰してみたが、次は政治制度を俯瞰してみたい。

昨今の政治をみると、TPPや年金、防衛問題など今の日本が抱える喫緊の課題を先送りもしくは牛歩戦術かのごとくの議論に終始している。

果たして、民主制が国民に一番幸せをもたらす制度なのだろうか。
民主制を維持するためにかかる費用、ポピュリズム、ばらまき政策をみたとき、ふと疑問に思う。

政治決断にはスピードが不可欠だ。そして、長期戦略をもって政治にあたる必要がある。

しかし、あまりにも意見のバランスをとり中間案での妥協を繰り返し、首相が1年毎に交代するような状況では、果断や長期戦略政治を望むことができない。

国益を考えたとき果たしてこれで良いのだろうか。


政体としては、君主制と貴族制と民主制がある。
大きな国家で民主制をとるには、国民の意思を反映するための仕組み・システムが必要になる。このため、古くは、絶対君主制国家が多かった。しかし、専制政治などの問題が起こり、市民革命を経て民主制を採用する国が多くなった。

民主制を支えるのが国会。そして、その構成員が国会議員。
だが、国会議員は、その立場を得ることのみに執心し、国民に甘いことしかしていない。財務省が公開している租税収入の年次別推移で一番古いデータとそのときの歳出予算と直近のデータを比較してみると、歳出予算額/租税決算額は、昭和57年の1.63が平成21年では2.72になっている。つまり、税金は抑え、いっぱいいろんなこと国の予算で(借金して)しますよということ。こんな数字を見ると、壮大な与党による買収選挙のように思えてしまう。

そして、国会議員を選ぶ国民。
東日本大震災のがれきを東京都が受け入れて処理することに都民から2868件の抗議が寄せられた。石原慎太郎知事は「(放射線量などを)測って、なんでもないものを持ってくるんだから『黙れ』と言えばいい。放射線が出ていれば別だが、皆で協力して力があるところが手伝わなければしようがない。皆、自分のことばかり考えている。日本人がだめになった証拠だ」と述べた。
石原知事の発言を全面的に支持する。もうそれ以外の言葉を加えない。

そして、国民が判断のために得る情報。
記者クラブというカルテル組織に身を置きながら、オーソライズされた単一の情報源からの記事のみが報道され、チェック機能が働いていないマスメディアの情報では、国民は正常な判断ができない。「放射能つけちゃうぞ」という言葉を発していない大臣が辞めることになり、村木局長の冤罪事件は1社たりとも疑問を呈さず、古くは松本サリン事件で被害者を犯罪者として報道した。

民主制を支え、機能するための前提条件がことごとく崩壊していると言ってもいい。そりゃ、これではうまく回らないだろう。



民主制が一番いいと思っている人が多いと思うが、本当に民主制度が一番いい政体なのだろうか?敢えて口に出して言う。

世界には民主制をとらない国もある。ブータンもそのうちの一つだが、ブータンは国民の幸せ度は高い。2005年のブータンで初の国勢調査では、「あなたはいま、幸せですか?」という設問に対して、「すごく幸せ」が45.2%、「幸せ」が51.6%。あわせて96.8%が幸せと回答している。

また、江戸時代も民主主義ではなかったが、果たして当時のほかの国と比べて民衆は不幸せだっただろうか。学生時代に教えられた暗黒の江戸時代を全くは否定しないが、現代との比較でしか捉えていないと思う。当時の他国と比べて考えたとき、必ずしも不幸せだったとは思わない。

ウィンストン・チャーチル元英国首相は「実際のところ、民主政治は最悪の政治形態と言うことが出来る。これまでに試みられてきた、他のあらゆる政治形態を除けば、だが」と言った。たぶん人類が生きてきたなかで、様々な試みを重ねていく中で、現時点では一番合理的な政体なんだろうけれども、民主制が絶対無二の素晴らしい制度でもない。

アリストテレスは、政体としての君主制と貴族制と民主制がそれぞれの堕落した形態として、僭主政、寡頭政、衆愚政をあげ、君主制が堕落すると、僭主政になり、その反動で貴族制が起こり、やがてそれが堕落すると、寡頭政となり、その反動として民主制が起こり、それが堕落すると、衆愚政となり、その反動として君主制が起るとして、歴史は、堕落と革命を繰り返すとの循環論を説いた。

このようにして見てみると、今後は、ネットという個人と個人が繋がることが可能となった社会基盤を取り入れた新たな形の君主制へ移行するのが、政体を俯瞰してみたとき流れではないだろうか。

ツイッターでソフトバンクの孫社長に要望をつぶやいて、孫社長が返信しているのをみる。トップとユーザーがこんなに直接に頻繁にやりとりができるなんてなんてツイッターがない時代では考えられなかった。
国会とは別に個々人の意見をネットで聞きながらも最終的には君主が決断し実行し責任をとる。こんな政体があり得るのではないだろうか。

そして、今後は、そういう政体を持つ国が、国益を守り、国民を幸せにするのではないだろうか。


人々01
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

美空様が、書かれてるように
政体の、体質的問題
リーダーシップの無さに、
不快を感じております、
TPPO、年金、超円高
どれを取って挙げでもって、一つとして
満足な、考えが決まらない!
大災害にみまわれ
海外的な、ギリシャ危機!タイ大洪水など
要因も重なり、
日本経済不況まっしぐらで、このままでは、日本丸は沈没でしょう
韓国や中国に電機業界だけでなく、総て奪われ世界から、ガラパゴス化して、しまいそうです、

グローバルに、リーダーシップをとれる
スピーディーな、政体を願います。

ドドスコさんへ

このエントリーにコメントを寄せていただき、本当に嬉しいです。
そうですね~人はリーダーシップを求めるのに、独裁はダメなんですよね。
大阪のW選挙は、反独裁という名のもと、反維新の会票を割らないために共産党も立候補を取りやめましたね。
人々はどのように決断するのでしょうか。選挙権はありませんが、注視したいと思っています。

美空様
私の、つたない文章に
お返事ありがとう御座います

橋元ファシズムと、言われたりしますが
大阪を変革しようとする、精神力
維新の力!日本に一番必要と思います、
大阪から変革してくれたら・・

選挙は、府民として足を運び、
見届けたいと、思います。

ドドスコさんへ

このエントリーでブータンのことを書きましたが、奇しくもブータン国王が国賓として来日されてますね。

民主主義が必ず人々を幸せにする訳でなく
独裁が必ず人を不幸せにする訳でないということを
国王の来日を機に再認識したいと思います。
プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。