FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自助共助公助

紀伊半島で多くの方が亡くなり行方不明という報に接し言葉もありません。
今も多くの村が孤立状態とのこと。早期の復旧を願ってやみません。

そんななか、ニュースでインタビューに応える人の言葉を聞いておやと思った。

避難勧告が出ていれば避難したんだけどという言葉。インタビューアーに誘導されたのかもしれないが、ひどく他力本願な感じがした。

なにか自分の命を行政に預けてしまっているかのように。

十津川は、江戸時代罪人が流れきても追っ手が追えないような険しい山、そして、耕作に適した平地のあまりの少なさゆえ年貢を免除されていた土地柄。

東京や大阪の年間降水量が数日間のうちに降ったというこの状況下で、村内の指定された避難場所であっても確実に安全とは言えない。そして、そこへ向かう道も、安全とは言えない。そんなとき、避難勧告を出すのを慎重になるのは、あり得ることのように思う。住民の安全を考えて。

どうしてもマスコミは、水戸黄門のような、行政=悪、市民=善良というわかりやすい構造に仕立てたがる。

佐用町の洪水被害の際の避難勧告の遅れと同じ視点で見てはいけないと思う。
川の氾濫と土砂災害の違い、村内に完全に安全な場所が確保できるか否かという点で大きく違う。

避難勧告といえども、強制力はない。
避難準備情報→避難勧告→避難指示→退去命令の順だが、退去命令しか強制力がない。これは、もともと、最終的な判断は自分自身がするものという思想が根底にあるのだと思う。

一人の人がおかれた状況と、ほかの人がおかれた状況は違う。
感じることができない放射能汚染と違い、伝えられる情報とともに五感を総動員して自分自身で判断するほかないと思う。

自助共助公助という言葉がある。
これは、まずは自分の身は自分で守る、そして、それができないとき、隣近所同士で助け合う、そして、それも無理なときに行政が救助するという考え方。

以前、どこかの首長さんがテレビでこんな話をされてた。
役所に「公園の木が垂れ下がってきていて、子どもたちの目に刺さりかねない。」との電話連絡があり、首長さんもその現場に向かった。
現場に連絡した男性がいて、首長は、その男性に問いかけた。
首長「あなたのおうちにハサミはありますか?」
男性「はい、あります」
首長「では、どうして、あなたは、子ども達の目に刺さるかもしれないと思ったら、電話する前に自分で切らなかったんですか?」
男性「・・・・・」


翻って、十津川。
日本一の面積を誇る村。
日本一雨が降る大台ヶ原を背後に抱く土地。
そして、かつて、大水害にみまわれ集団移住という決断をした過酷な歴史をもつ村。
今も北海道に移住者が住んだ新十津川町がある。

われ官を恃まず ではないが、自助意識の極めて高い土地柄。
日本一の鉄線吊り橋として有名な谷瀬のつり橋も、集落の人が今の価値で1戸あたり600万~900万円のお金を出し合って建設したもの。

そして、独立独歩の気概の高い村。
幕末期、十津川郷士として御所の護衛を担い、坂本龍馬が暗殺されたときも、十津川郷士を名乗ったので信用して戸を開けたと言われている。

およそ先の役所に電話した公園の男性とは対極の意識をもつ人々のはず。
それだけに、奇異に感じた。
もしかしたら、十津川の人でなかったかもしれない。

一日も早い救助と復旧を願う。

祈り
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

奈良・和歌山で、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

またしても想定外という言葉が自然災害の報道で使われることに、
少々、怒りも感じます。

確かに自然災害は想定外のことばかりです。
でも行政が、想定外という言葉を使ってはおしまいだと思うのです。

川の堤防整備だって、河川事業だって実施したうえで、
住民は生活しているわけですもん。

過去のデータに基づいた今後の防災対策を望みます。

それでも防げない自然災害もあるかもしれません。
でもその時は、住民だって納得してくれると思うのです。

勝手な意見を書き、申し訳ありません。

今回の台風で、ご家族を亡くされた方に、
改めてお悔やみを。

showsukeさんへ

エロではないエントリーにはなかなかコメントをいただけない中、
コメントをいただき嬉しいです!

showsukeさんのコメントをきっかけに、新しいエントリーを
書きました!

私も実家が、奈良で、
今回の台風被害の大きさに、
驚き、心痛めております
まるで、東北地震の惨劇と
同じ光景が・・
早い救助を、切にお願い致します!
また、明後日からの天気の崩れが、
心配で、なりません。

ドドスコさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんですね。
また新たに野迫川村で土砂ダムが見つかったとのことで心配です。
プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。