FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図、道、そして...

先日、ニュースステーションで、エジプト争乱報道のなかで、アフリカ北部の国境線が直線なのは先進国がアフリカを分捕り合戦した結果だと言っていた。

地図は見ているといろんな想像が膨らんで楽しい。いろんな発見があったりする。

少し長くなるが書いてみる。


■ジブラルタル海峡
スペインとモロッコの間にある狭い海峡。ここを封鎖してしまうと、地中海から出れない。地図をよく見ると、海峡部分の陸地は、スペインとモロッコの領土ではない。ヨーロッパ側がイギリス、アフリカ側がスペインになっている。

どうしてそのようになったかは知らないけれど、国と国との争いの大きな要因に地勢があるのだと思う。(同じような理由でパナマ運河はアメリカが管理していたはず)


■江戸幕府
これは、勝手な夢想で、学術的な裏付けは全くありません。でも、エロ企画同様日々いろんな夢想をしています(笑)

飛行機で羽田空港に着陸するためにアプローチしていたとき、東京湾がとても奥が深い(南北に長い)と感じた。座席ポケットの機内誌を開き日本地図を眺めてみた。そして、どうして江戸幕府が今の東京を選んだのだろうと考えてみた。

日本は卑弥呼の時代から潜在的に大陸に対する恐怖があるはず。できれば、京よりも東に行きたいと願望していたのではないか。

そして、当時の物流と情報は船を基本に考えないといけない。そうなると港が必要。でも一方で防御しやすい湾口が狭い港でないといけない。そうなると、名古屋と東京ぐらいになる。でも、名古屋は、湾が少し大きすぎる。東京は東京湾が長細く防御しやすいと考えたのではないだろうか。

もし、私の勝手な夢想と同じことを幕府が考えていたら、浦賀まで入り込んだ黒船来航というのは、想像を絶する驚きだっただろう。何しろ、臨戦態勢のまま勝手に湾の測量とかを始めたのだから。


■中国からみた日本
あるとき、中国大陸から東を上にした地図を見ることがあった。今まで見慣れていた地図とすっかり趣が変わった。

まるで日本列島が防波堤のように見えた。中国から太平洋に出るためには、その隙間をぬって出ていかないといけない。中国にとってはすごく苛つく存在だと思う。


■山辺の道

日本最古の道といわれる山辺の道。奈良県桜井市周辺に興ったとされるヤマト政権が最大の関心を払っていたのは大陸。そして、さまざまなものを取り込んだのも大陸から。

自然、大陸との物流を前提に社会は進む。物流を担う水運と道は、物だけを運ぶのではなく情報も運び、今で言う通信網も兼ねていたはず。

桜井と大陸とを結ぶ物流は、初瀬川から大和川を経て大阪湾へ至る西への最短距離が基本だったはず。南北に伸びる山辺の道がなぜ成立したか。それは、バックアップ経路だったらしい。

山辺の道を経由して北へ進み木津川から大阪湾へ出るという経路。確か帝塚山短大の青山先生が講演会で話されていたはず。山辺の道はそういう役割を担い、古代から周到な物流の仕組みができていたのだ。



その山辺の道をNPNBのドレミと単独さんとで歩いてみたい(笑)

題して、「有名講師と歩く山辺の道ウォーク」ではなく、「NPNB女性と歩く山辺の道ウォーク」(笑)

ごたくを並べておいて、結局それかい!と言われそうですが...



でも、古代ローマの格言にあるではないですか!

全ての道はエロに通ずと(笑)


miwa
関連記事
  • 地政
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。