FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法9条信奉者の考え方とふるまい

以前目にした百田尚樹氏と某自称作曲家の方とのリプがあまりにも九条を信奉する方の考え方を現していると思ったのでブログで整理をしてみた。ほんと笑ってしまう(笑)

百田氏ツイート:「軍隊を保持せず、交戦権を持たない国」と、「国防軍を持ち、自衛のための交戦権を持つ国」とでは、他国はどちらの国を侵略するかという命題である。繰り返すが、日本人で戦争を望む者など誰もいない。ただし国土と国民の命が無法国家に脅かされたときは、自衛のために戦う必要がある。

作曲家氏リプ:「強い軍事力によって平和を維持出来る」という、9条廃止・軍備強化を唱える人々の子供じみた夢想=妄想。救いがたい!

百田氏リプ:では、戦争を抑止するにはどんな方法が最適なのかを示してください。また先進諸国のすべてが軍隊を持っている理由を説明をしてください。

作曲家氏リプ:言葉ですよ。あなたは言葉を生業にしながら言葉の力を信ずることができないのですか?

作曲家氏リプ:「先進国」の定義がよく判りませんが多くの国が軍隊をもち平和のお題目の下に侵略と略奪を繰り返してきた歴史から学べと言っているのです。みんなが武器を持っているから僕だって持ちたいでは子じみたと言われてもしかたないでしょ。

百田氏リプ:では、あなたが学べという「歴史」から、軍隊を持たずに、他国から侵略もされず平和を維持できた国を挙げてください。

作曲家氏リプ:抑止できた戦争は歴史に記録されることはありませんから例示することは難しいですね。それに反して「自衛のため」と称する戦争による悲劇は枚挙にいとまがないですが。ご承知のようにこの問題にスマートな回答はありません。だから知恵をつかいましょうよと言うことです

周囲の反応1: 百田さん一人説得できない癖に戦争は言葉で止められるとかよく言えるよなぁ・・・
周囲の反応2:では、その言葉の力とやらで南スーダンの紛争を終らせて来れば宜しい。
周囲の反応3:言葉で平和が護れる?その言葉で世界中の戦争を止めて下さい。マザーテレサやマンデラ氏が言うなら納得。言葉を発する人に覚悟と地獄を見た経験と実績があるから効果がある。度を超えたロマンチスト。ナルシストでもあるねある意味すごい


百田氏ツイート:年明け早々、ツイッターでやりとりをしてみたが、見ず知らずの人に向かっていきなり「妄想」「救いがたい!」と口汚く罵るような人間とは、やはりまともなやりとりはできなかった。これは私のミス、反省。

百田氏ツイート:常々、不思議に思うことがある。私に対して非常に攻撃的な非難ツイートを送ってこられる方のほとんどが「9条を守れ」と主張する平和主義者であることだ。本当にびっくりするくらい好戦的なのである。罵詈雑言や嘲笑だけにとどまらず、「死ね!」とかいうのも全然珍しくない(^ー^)


zero002.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

永遠の0

映画「永遠の0」をドレミと一緒に観てきた。もうずっと泣きっぱなし。後半は、押し寄せる嗚咽の波に逆らうことができなかった。

人それぞれ感じ方があるとは思うけれど、この映画のレビューを見ていると酷評されていることがあるので、普段レビューとかは書かないけれど、原作者、監督、出演者及びこの映画の製作に関わった全ての方に感謝の気持ちを込めて書いてみた。

平成26年1月5日午前0時27分ヤフー映画に投稿


特攻隊員と現代人の気持ちを結ぶ作品

私は、戦後の日本教育を受け、健太郎(三浦春馬さん)の友達と同様、あの歳頃のとき特攻と自爆テロの違いを分かっていませんでした。そして、祖父が二人とも戦死しており、自分自身とオーバーラップして観ていました。

映画を観る前に原作を読み、知覧へ行きました。そこで観た特攻隊員の写真、直筆の手紙の数々が思い出されました。

映画中の描写であり得ないのがあるというようなレビューがありますが、私はそれは枝葉だと思っています。

ストーリーはフィクションだけれど、それほど遠くない時代、自分達の祖父母の時代に特攻があったという事実。そして、そこには特攻や戦地で散っていった若者一人ひとりに想いや家族がその数だけあったという事実。そのこと想うと涙が止めどもなく溢れてきました。

以前、「きけわだつみのこえ」という戦没学生の手記を集めた本を買おうと思って本屋に行き、買う前に少し立ち読みして1通目の手紙で泣いてしまったことがあります。
久保恵男さん(特攻訓練中殉死、25歳)の手紙でした。

そこには、「ともかく日本の国は私たちがきっと護りぬきます。ただ、なによりも案ずるのは、私たちが護ったこの国が次の時代にいかなる生成をし、発展をするかということです。戦争直後の疲弊や変調よりももっと先の文化の問題が気になります。」「私の個体もこの大きな歴史の山の頂に燃焼する。私はそれを快く見つめることができます。ただ、私たちは自分たちの思想や仕事を受けついでくれるべき人間をあとに遺したい。そして私のなしえなかった生活と理想を完成させてください。そのころにはすでに戦争も終わって日本の国は文化の上で苦しまねばならぬ時代だろうと思いますから。」(手紙の一部)と書かれていました。こんな想いでおられたことを知り衝撃を受けました。

この映画は、先の大戦で国を護ろうとして散った若者達の想いを届けるものだと思います。自分の命よりも大切なものがあるということ。護りたかったものがある、遺したかったものがあるということ。そのような想いの塊の上に、今の世の中があるという強烈なメッセージだと思います。

現代の価値観で考えると理解不能な特攻。しかし、それを実行した若者たちは現代と同じかそれ以上の人間愛・家族愛を持つ若者たちだったということが伝わります。

とかく現代の物差しで当時を捉え、命を粗末にするあり得ない時代だと思ってしまいがちですが、その時代に生きていた人たちは、決して命を粗末にした訳ではなく、現代に生きる我々と同じ考え方だったということが分かり、たまらない気持になりました。

この映画は、特攻隊員と現代に生きる人たちの気持ちを結びつける作品だと思います。


zero001.jpg
プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。