FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切腹

私は、司馬遼太郎が「俄」で描いた堺事件での切腹シーンを初めて読んだとき戦慄した。それがあまりにも衝撃的な内容だったので、それから以降、切腹というものに興味を持っていた。今般、切腹に関して興味深い本を手にしたので、切腹について記したい。

1.司馬遼太郎著「俄」における切腹

今手元に「俄」がないので引用できないが、おおよそWikipediaと同じなのでWikipediaをベースに加筆修正して引用する。

攘夷論のいまだおさまらぬ慶応4年2月15日午後三時ごろ、フランス領事一行を迎えるべくフランス海軍が堺港に入り、湾内を測量、士官以下数十名の水兵が上陸、市内を徘徊した。夕刻、土佐藩軍艦府の命を受けた土佐藩士らが帰艦を諭示させたが言葉が通じず、藩兵は水兵を連行しようとした。水兵側は土佐の隊旗を倒伏、逃亡しようとしたため、土佐藩側は咄嗟に発砲し、フランス人11人を殺傷または、海に落として溺死させた。土佐藩側ではフランス人が迷惑不遜行為に及んだための処置であるとしたが、フランス側の抗議を受けて、藩主山内容堂は、藩士処罰の意向をフランス側に伝えた。
土佐藩は警備隊長以下全員を吟味し、隊士29名が発砲を認めた。隊長ら4名の指揮官は責任を取って切腹が決定。残る隊士16名を事件に関わった者として選ぶこととなり籤を引いて決めた。
2月23日堺の妙国寺で土佐藩士20人の切腹が行われた。切腹の場で藩士達は夷狄を罵る歌を歌いながら自らの腸を掴み出し、居並ぶフランス水兵に次々と投げつけるという行為を行った。その凄惨さに、立ち会っていたフランス軍艦長は、フランス人の被害者数と同じ11人が切腹したところで外国局判事五代才助に中止を要請し、結果として9人が助命された。

「俄」を読んだとき、自らの腸を掴み出し、居並ぶフランス水兵に次々と投げつけるというのは、作者の脚色だと思った。

そこで、小説ではなく、記録として堺事件が記されているものを確認しようと本を探して、「英国外交官の見た幕末維新」A・Bミッドフォード著(講談社学術文庫)をあたってみた。そうすると、同じことが書かれていた。脚色ではなかったのだ。


2.千葉徳爾著「切腹の話」における切腹

映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」を観に行こうと思ったとき、たまたま、「切腹の話」千葉徳爾著(講談社現代新書)という本を手にした。

この本を読んで更に驚いた。俄で脚色だと思った戦慄の場面は、それどころか切腹の形としては一般的であったのだ。

これから先は、生々しい話が含まれるので、大丈夫な方のみ、続きを読むをクリックいただきたい。

清明

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。