FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬意

護衛鑑あたごと漁船との衝突事故で無罪判決を受けた自衛官がテレビに出演していた。

一緒に出演していた専門家がこんなこと言っていた。

普通すれ違う時民間船は敬意を表し軍艦は答礼するのが国際マナー。軍艦の前を横切るなんて横着な事はそもそもしない。戦後の日本は軍隊や軍艦に対する敬意を教えてない。

知らなかった。

ネットで調べてみた。


自分にいくら航路優先権があっても、自国の軍艦に対して敬意を表さない国は世界広しといえど日本だけ。シーマンなら世界中の港に入るだろ?その時にその国の軍艦には敬意を表する、これ常識。了見狭すぎなんだよ。@pentax7さんのつぶやきから引用。

そういえば、昔自衛隊員が制服での普通のセダン車で外出するとき、軍服は目立つから帽子を脱ぐように言われていたという話を聞いたことがある。

震災が起こったとき、誰かがツイッターで、こんなことをつぶやいていたことを思い出した。

これから自衛隊が救援に入るだろうけど、是非優しく迎えてあげて欲しい。阪神大震災で被災したとき、自衛隊が救助と復興支援に来てくれたけれど、自衛隊への厳しい目から立ったまま隠れるようにおにぎりを食べていた。そんなことのないように是非して欲しい。

どうして自衛隊はこうもいわれなき理不尽な扱いを受けなければならないのか。

国会で自衛隊は軍隊かと問われて、政府は軍隊ではないと答弁した。
質問者は、では自衛隊員が捕虜となった場合は国際法上捕虜として扱われるのかと質した。
政府は、そのように取り扱われると「期待している」と答弁。

命を賭けて戦った人を軍人として処遇しろと相手国に言わない国。

下に紹介する吉田首相の言葉ではないが、あまりにも日陰者扱いすぎないか。
よくぞこれまで耐えてくださったという思いでいっぱいだ。

君たちは、自衛隊在職中決して国民から感謝されたり歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。ご苦労なことだと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは外国から攻撃されて国家存亡のときとか、災害派遣のときとか、国民が困窮し国家が混乱に直面しているときだけなのだ。言葉をかえれば、君たちが『日陰者』であるときの方が、国民や日本は幸せなのだ。耐えてもらいたい。昭和32年2月防衛大学校第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓示

日頃、敬意を表すなんてあまりしない。
しかし、敬意を表したり、畏怖畏敬の念を持つということは心持ちとして大切な作用だと思う。
それは、おごったり、ぞんざいになったりする心を洗い流す。

司馬遼太郎さんは、21世紀を生きる君たちへで、こう言っている。

人間は自然によって生かされてきた。古代でも中世でも自然こそ神々であるとした。このことは、少しも誤っていないのである。歴史の中の人々は、自然をおそれ、その力をあがめ、自分たちの上にあるものとして身をつつしんできた。
この態度は、近代や現代に入って少しゆらいだ。
 ───人間こそ、いちばんえらい存在だ。
という、思い上がった考えが頭をもたげた。20世紀という現代は、ある意味では、自然へのおそれがうすくなった時代といってもいい。


今の時期、敬意という言葉を改めてかみしめる。


自衛隊
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

怒り

細野首相補佐官が、スピーディのデータを公表しなかったのは、パニックを避けるためだったと述べた。

政府は、震災及び事故直後からずっと政府の発表を信頼して行動して欲しいと言い続けていた。

国民を愚弄するものいい加減にして欲しい。

国民に政府を信頼しろと言う前に、政府が国民を信頼しろ。

怒り

平等

人は等しいという人権啓発ポスターを見かける。

しかし、これは間違いだと思う。
人は等しくて等しくない
とすべきだろう。

人間はひとりの人間として平等に尊重されなければならないというのが、そのポスターの意図するところだと思うが、どうも平等という言葉だけがひとり歩きしてしまった気がする。

個性が問われる時代、人は等しいというコピーは一面だけしか捉えていないと思う。

中学校まで公立学校に通ったがそこでは平等というのが徹底的にすりこまれた気がする。先生方によってはき違えられた平等主義を。

徒競走で順位をつけず、ゴール直前で手をつないでゴールするということを大人になって聞いたことがあった。信じられなかった。

そしたら、テストもみんな同じ点数をつけるのか?勉強はできないけど、足は速い子は立つ瀬がない。

これも大人になって、ジャージ上下の上に学生服を着た集団を見かけた。知り合いの先生になぜあんなおかしい服装をするのかを聞いたとき、返ってきた言葉に驚いた。

寒いけど上に着る服がいいのを買える子も、そうじゃない子もいるからだと。

あきれた。

生まれや育ちも違う子どもたちが、その違いで差別してはいけないというのを教えるべきなのに、表面上同じにすればいいという考えなのだ。

教育というのは、社会へ出るための助走のはず。
社会には厳然とした格差が待ち構えている。
その過酷な社会で生き抜く知恵と知識、生きる力を教え、それぞれの子どもたちに自分の羅針盤をもたせるのが教育だと思っている。

それなのに、真空無菌状態とも言える環境に子どもたちをおくというのは、教育を放棄してるとしか思えない。

モンスターペアレンツの存在もあり、全てを学校の先生方の責任だというつもりはない。
しかし、モンスターペアレンツと同じ立場に立って声高に主張していた先生がいたのも事実。

結果の平等と機会の平等は大きく違うということを先生方に教育しないといけない。


学校

法とマナーと先生たち

ツィッターで、国歌斉唱中の起立を強制する条例はおかしいというつぶやきがあった。

確かに条例で規定するようなものではないと思う。マナーの範疇に入る話だと思う。

高校時代、当時の政治経済の先生に、
社会規範には、法律や条例などの法以外にもマナーや道徳、倫理も含まれる。
そして、これらは、法よりも上位の社会規範である。
と教わったが、聞いて目から鱗だった。

誰かが言ったが、法律には殺人をするなとは書いていない。殺人をしたらこうなるとしか書いていない。人を殺してはいけないというのは、倫理や道徳による規範。

法律で全ての人の行為に制限を加えるようなことをしだしたら、それこそ大変な作業になる。様々なケースを想定し、法律を作る必要がある。まるでアメリカの契約書みたいなことになる。

倫理や道徳、マナーは法では規定することができない根元的な部分、法で書ききれない部分をカバーするという意味で法よりも上位の社会規範なんだろう。

ある意味、倫理や道徳、マナーは常識とも言える。

この部分に触れることを大人に注意するのは勇気がいること。

私は成人してから、上司に「くちゃくちゃ音を立てて食べるな」と注意されたことがある。口を閉じて食べるという躾を受けていなかったのだ。でも、注意してもらったことにとても感謝している。注意してくれた人はきっと勇気がいったと思う。

電車で投げ出した脚や音漏れしたヘッドフォンステレオに注意をしたら、「どの法律に書いてあるねん!」とつっかかられる。

マナーに関わる話は始末にこまる問題だと思う。

最近、電車では、マナーに関わるアナウンスやポスターを見かける。

デイパックは手で持ってとか、どの座り方が正しいのか?とかいろんなところで見聞きする。

橋下知事の条例制定意図は、本来はマナーの範疇のものだけど、電車でのポスターやアナウンスと同じように「言わないとわかんないでしょ」というのがあるのではないかと思う。

いつのオリンピックか忘れたが、里谷多英選手が表彰台にあがり、銅メダルまでの選手の国旗が掲揚されたとき、脱帽せずに非難を受けた。

彼女は、私が口を閉じて食べるという躾を受けなかったのと同じように、国旗を掲揚するときには脱帽しないといけないというのを教えられてなかったのだと思う。

グローバリゼーションが叫ばれ、修学旅行で海外まで行く時代。
グローバルスタンダードともいえる、国歌国旗への敬意は、小学校で英語を教えるようにする以前にしっかりと教える必要があるはず。

英語を話せるのが国際人ではなく、自分の育った町や国や文化を愛せる人でないと世界ではしっかりと相手してもらえないということを理解すべきだと思う。

そして、橋下知事のもう一つの条例制定意図には、卒業式などでの国歌斉唱時の教員の不起立の問題があるようだ。

広島県立世羅高校で国旗掲揚国歌斉唱に反対した教員たちに悩まされ、当時の校長先生が自殺した事件がきっかけとなって、国旗国歌法が制定されたが、それと同趣旨だと思う。

公立学校の先生方は、もういい加減自分のイデオロギーを学校内で主張するのはやめていただきたい。

社会システムの中で正当な手続きを経て決定されたことに従わない教員に、将来社会のルールの中で生きていく子ども達を教える資格はない。

私は、昔、学校で、石川さんは無実ですという感想文をクラス全員半強制的に書かされことがあった。
こども心にとても違和感を覚えた。

社会システムの中で正統性を与えられた裁判所の判決を否定することを教える教員に、三審制や三権分立を教える資格はない。

日の丸

得たものと失ったもの

明け方、目が覚めて寝れなかったのでテレビをつけてみた。
NHKの「昭和のSL映像館」が流れてきた。
潜在意識に刻まれてる懐かしい景色が映されていた。

1編成の機関車の少し後を追従し走る機関車。
今だったら許されないだろうし、ATCで止まってしまうだろう。

狭い橋梁の上でカメラを構え、すぐ横を機関車がすり抜ける。
これも、今だったら許されないだろう。

3両連結の機関車。各機関車には運転士と機関員。大量の貨車を引き、最後の車両にも多分乗務員が乗っていたのだろう。

そういえば、そのころの旅客機も、機長、副操縦士、機関士、航空士の4人で飛ばしてた。

技術を革新し、合理化を追求し、今や一人の運転士で貨車を引き、最後尾に人が乗れるような車両はくっつけてない。旅客機は2人で飛ばしている。

気軽に旅行にいけるようになったのかもしれないが、終身雇用は崩れ、非正規雇用が拡大した。

世の中、いっぱい便利になったが、果たしてそれに伴って人々の生活は豊かになったのだろうか。

エクセルで無茶苦茶簡単に計算できるようになったのに、そろばんで計算していた時代より労働時間が短くなっている訳ではない。

世の中、個が大切にされるようになったが、果たしてそれに伴って社会は良くなっただろうか。

近所のおばちゃんにごちゃごちゃとうるさいこと言われなくなったけど、コミュニティーが崩壊し犯罪が増えた。

島田紳助が、かなり昔こういうことを言っていた。

梅田で、バスでスキーに行く学生達を見たんですわ。
ええな~と思ってね。
俺にはもうスキーに行く時間はない。でも、彼らに比べてお金はもっている。
彼らはお金は無いだろうけど、スキーに行く時間はある。
今こうしてテレビにも出さしてもらってるけど、本当にそれが幸せなんだろうかと思うことがある。スキーに行けるほうが幸せじゃないのかと。
そして、幸せっていうのは、みんな同じ一定量なんだと思うんですわ。


本当にそうだと思う。

ウランを燃やし、安定的に、短期的には安価なコストで電気を得ることができた。
そして、快適な生活を享受した。
でも、取り返すことができないとてつもない大きなものを失った。

日本の底力

有事法制

少し前、辻元清美議員が朝まで生テレビでまくし立ててた。

「あなた方ね!北朝鮮が危ない危ないとばかり言うけど、何を根拠にそんなことを言ってるんですか!!」

国民の生命財産を守るため、あらゆる可能性を想定するのが国会議員としての考え方だと思っていたので、開いた口がふさがらなかった。それからしばらくして、三陸沖に日本列島を飛び越してテポドンが着弾した。


阪神大震災のとき、村山首相が、初動の不備を問われて

「なにぶん、初めてのことでして・・・」


今回も、菅首相は、

「想定外だった。」


こうしてみると、みなさんいわゆる左派である。

自民党政権時代、何度か有事法制制定が叫ばれたが、彼ら左派と呼ばれる人たちが、日本を戦争へと舞い戻らせるのかと、コテンパンにやっつけた。

もういい加減、目を覚まそう。
彼らが、言霊にとらわれ、思考停止に陥ったことによる代償はあまりにも大きい。
自然災害は如何ともしがたいが、救えた命、財産、ふるさとはもっとあったはず。

もういい加減、現実を見よう。
オサマビンラディンが殺害された。
法と正義の国といわれるアメリカによって。

法により統治されている国内と違って、世界は法で支配されていないパワーゲームであるとしっかり認識すべきだと思う。

社民党本部で土井委員長が暴漢に襲われたとき、非武装中立を標榜していたにも関わらず、言葉で説得するのではなく、ガードマンの力を借りたのに、どうしてわからないのか。

有事法制は、国民の権利に制限を加える、国家に強権を与える暗黒の法律だと彼らは言う。
しかし、一方で、有事の際でもここまで私権の制限を受けないということを明示する法律でもある。

現政権の政治主導という名の対応を見ていると、危なっかしくてドキドキする。

どこまでが法のもと政治家の決断として許される範囲なのか分かっているのかと思うことがある。
法の支配と政治決断のバランスをしっかり見極めているのだろうか。

長年権力を握っていなかった人間が急に権力を手に入れ、それをどう使ったらいいか分からず、
小さな子どもが武器を持って嬉しそうに振り回している姿のように見える。

自民党政権ですら、ダッカハイジャック事件のとき、法治国家として、それをやったらおしまいとも言うべき超法規措置なるものを「人命は地球より重い」という迷言のもとに実行した国柄。

その上に今の政権。

有事法制が暗黒の法律だと主張し、現実を直視せず、議論すらせず、棚上げしたままだと
それこそ、権力という武器の使い方を知らない政治家が、政治決断という名のもと
法の根拠なく何をしでかすか分からない暗黒の世の中を作り出すかもしれない。

それぐらい、危なっかしい。

aho


blogram投票ボタン

影絵

ケツ&カイーノさん主催の「東日本大震災復興支援チャリティーイベント ナンネット住人が集う究極のマジカラ♪ 第1回ライブ風~カラオケ ♪nan☆nation♪」で念願の影絵をさせてもらった。

♪nan☆nation♪の概要はこちら
http://x107.peps.jp/raikara

ケツさんはいつも本気で遊ぶ人で大好き。ケツさんにOKの返事をもらってから、ケツさんにイメージを伝えるためのビデオを作った。(4月3日のエントリーを参照ください)そして、ホテルを借りてプロジェクターを持ち込みリハーサルをした。本気のケツさんに負けないよう本気で準備した。

当日、ケツさんはじめ変態諸氏がアイデアと力を貸してくださり、なんとか実現できた。

ナンネーション 素晴らしい企画だった。主催のケツ&カイーノさん、本当にありがとうございました。

変態をあなどるなかれ。エロは生きる源。生は性から生まれる。何を言ってるのかよくわからないけど、素晴らしい企画だった。

終わってから、駐車場へ向かうとき、ドレミの目が潤んでいた。真剣にパートナーのことを想い、パートナーのために一生懸命な人たちに囲まれ心動かされたのだと思う。そんなイベントだった。


プロフィール

美空

Author:美空
エロで変態だけど幕末好き。写真にハマり、アートや政治にも関心がある硬軟混ざった48歳です。
普段は、パートナーのドレミと関西を中心に活動しています。

堅い話もありますが、基本エロブログですので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

たまにツィートしています。



ドレミもツィート始めました

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

未知への軌跡 【混浴・滝巡り・露出そして・・・】

ぽちゃだけどHな事が好き
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。